ハロープロジェクト・チャーマンズ・RYUTistと最近推し増しが止まらないブログです・・・ごくまれに壁紙

スマイレージ盛岡公演記念記事サルベージ企画ゆうかりん卒業編

vlgeino026847

こんにちは、スマイレージでは佐吉推しだったタチバナです。
twitterでも告知を始めましたのでよろしくお願いします。

本日は盛岡CLUB CHANGE WAVEでスマイレージのライブがありますね。
行けない可能性が高いのがとても残念です。
http://clubchange.com/NEW_PC/livehouse/WAVE/WAVE_top_pc.html

 

この記事は2012年1月2日にアメブロに掲載した
「年末レポート その4 ~スマイレージ メガバンク4 前田憂佳卒業~」
を再編しています。
http://ameblo.jp/tachibana-bou/entry-11124860773.html

昔の記事を再利用・再編集たらどうなるのかという実験も兼ねています。
決してネタ切れではありませんw

ここから
—————————————————————-

大晦日レポートもこれでラストとなります。
ゆうかりん卒業という事で少々?いや・・・かなり長いです!

 

アップアップガールズ(仮)の2公演目握手会を終えTFMホールを出た私は急いでメルパルクホールへ。
握手会が最初の方だったのでいち早く移動できたのはラッキーでした。
事前に乗換も調べていたのでスムーズに到着。

本当は他のヲタに付いて行っただけですがw

 

もうすぐ開演というのに溢れるヲタ。
何とも言えない雰囲気です。

実は先月更新していた会員証がまだ届いてなくて不備扱いとなりました。
不備の手続きをしていたら隣から「関係者です」との声。
これはもう振り向くしかないですよね!

その方はパッと見で判るほどゆうかりんに似てました。
後の情報を合わせるとどうやら姉かりんらしいという結論に至りました。
いや本当に似ていました。

 

手続きを終えロビーで休んでたらサイリウム企画のためのサイリウムを渡されました。
やりたいと思っていても実際行動する事は本当に大変です。
頭が下がります。

会場に入るとピンクTのあまりの多さに思わず目がくらみました。
そうだ今日は特別な日なんだな・・・と改めて実感。

席に着いて少しすると前で若者が席交渉をしてる風景。
もはや当たり前と言った感じですがあまり好きでは無いですね。
すると後ろから知り合いと思われる古参っぽい方が「前に移動するな」云々の罵声。

慌てて元の席に戻る若者哀れw
まあ今日は特別な日だからな・・・
と思って振り向いたら案の定ゆうかりんヲタでした。
スマ現場は恐ろしいですなー

ちなみに席はド真ん中でした。
実はド真ん中すぎて逆にゆうかりんが見えませんでした。

 

そして「みなさーんこんばんはー!」と元気な声とともに音楽がかかり開演。
ヲタの掛け声が凄まじい。
メイメイかななん自己紹介で詰まりエーイングw
タケちゃんはしゃべり面白いな~
自己紹介じゃないよそれw

 

ゆうかりんの自己紹介

「今日は一年最後という日であって、
あの~私のスマイレージとして最後の日でもあるんですけど
あの~まあ一年の良い締めくくりになるように精一杯頑張りたいと思います。
皆さん盛り上がって行きましょう~」

ゆうかりん「あの~」が多いのねw

かななん
「ゆうかりんにええねんでを付きっ切りで教えてもらった」

ゆうかりん
「今日が最後という実感が湧かなくみんないつも通りにごはんをバクバク食べてた」

りなぷ~
「さっき買ったゆうかりんのバースデーTシャツにゆうかの妹とサインしてもらった」

それを聞いてかにょんは二期メンからサイン頼まれないと愚痴w
うまくオチた?所で自己紹介も終わりメンバー七大事件簿のコーナーへ。

 

メンバーが2011年の事件を語るコーナーです。
このコーナーはあやちょとゆうかりんで進行。

りなぷ~は「スマイルりなぷ~」
始めの方はおとなしいとか地味とか思われていたが
本当は違う事をアピールしたく大阪でかけ声を頼んでみた所うまくいった事。

かにょんは「確変」
2011年の最初は髪型がらっきょうみたいで顔がパンパンでひどかったらしい。
シンデレラの生まれ変わりと言うのが恥ずかしい位の容姿だったが
最近かわいくなったといろいろな方から言われ確変したなと思った事。

タケちゃんは「みぞおち」
かななんがくっついて来るのでひじを入れたらみぞおちに入ってしまいうずくまってしまった事w
「タケちゃんかわいいから許してあげる」
と再度くっついて来たのでもう一度みぞおちに入れてしまったのはひどいw

メイメイは嘘うずくまりしてたらしいw

 

次はヲタからの質問コーナー。
進行はタケちゃんですが仕切り上手いねw
聞いてて面白かったものを取り上げます。

・「お金使いが荒いのを直したいのですがどうしたら良いか」
あやちょ<スマイレージのコンサートに来るように

・「ゆうかりんのシェーのポーズが見たい」
実際にやるゆうかりんwww
とても美しいシェーでしたw

・「ハロプロメンバーの細かすぎて伝わらないモノマネ」
りなぷ~が熊井ちゃんの声マネをするもかにょんにクレーム入れられるw

・「ゆうかりんの知ってる野球チームを挙げて下さい」
巨人が出てこなくてタケちゃんに軽くキレられるw

・「思い出に残ったコンサート・イベントは?」
シンデレラ事件を挙げるかにょんw

※ここでオリメン三人がファーストコンサートの時の髪型をしてきたと告白。
盛り上がる会場!

・「ポップコーン漫才をして下さい」
普通にしゃべれてオチ無く終了w

・「最近抜け毛が多くて困っています」
知らない!専門のお医者さんに相談して下さい!たたくと良いらしいですよw
※ちなみに質問者は「ウルファー」さんw

ライブ編セットリスト

1・ショートカット
最後のかにょんの「旅した~い!」がいいね!

2・同じ自給で働く友達の美人ママ
この曲はライブで盛り上がるね!

・映像で振り返るオリメンの軌跡

3・オリメンによるメドレー
(夢みる 15歳 → 明日はデートなのに、今すぐ声が聞きたい → ぁまのじゃく
 オトナになるって難しい! → スキちゃん)
ここでしか聴けない最初で最後のメドレー最高でした!

・オリメンの思い出話で涙ぐむ場面多数・・・

4・タチアガール
ここでサイリウム点灯。
二期メンのパフォーマンスも向上してます。
これからのスマイレージも期待できます!

・ここでのゆうかコールが凄い!
・ゆうかりんの挨拶でみんな泣きそう

5・プリーズミニスカポウトウーマン
最後の曲という事もあってコールが更に凄くなってます!
良い曲だ・・・

 

こうしてライブ編も終了。
全員はけた後も会場全体から起こるゆうかコール。

そしてゆうかりん再登場。
沸き起こる歓声。
最後の挨拶をして走って去るゆうかりん・・・

 

イベント終了後のヲタの姿が忘れられません。
彼らは今後どうするのだろう。

この時点で19時とかなり時間オーバーでした。
伝聞ですが昼との差がありすぎだったそうです。
本当のラストですからね・・・

握手会はいつもの高速握手会でした。
接触が苦手な私はありがとうしか伝えられませんでした・・・
最初の握手会がデビューイベントで最後がここ。
縁あってかどうかは分かりませんが節目に立ち会えた事を幸運に思います。

私はゆうかりんヲタではありません。
しかしこの卒業が今後のハロプロにとって重大な事である認識はあります。
この瞬間に立ち会えた事に感謝します。

  

これで私の大晦日レポートを終わります。
稚拙な文章で伝えきれない部分が多すぎです。
申し訳ありません。

  

もうちょっとだけ続くんじゃ

  

レポートは書き終わりましたがもう少し書きたいと思います。

私がゆうかりんの存在を認識したのは
「2010冬 歌超風月モベキマス」でスマイレージとして出演した時でした。
もちろんエッグであるという事は知ってましたがエッグには全く興味が無かった時です。

軽い気持ちで見に行きましたがここで見たゆうかりんはまるで宇宙人。
異次元のスタイルで驚きました。
いやーあやちょも凄かったのですが・・・ゆうかりんはアイドル的な意味でもっと凄かった。

そして帰る時にはインディーズのシングルが全部手元にありましたw
気が付いたら新人公演にまで行くようになってました。

ここでスマイレージや前田憂佳を知らなければハロプロエッグに興味を持つことも無く
アップアップガールズ(仮)にも興味を持たなかった可能性が高いです。
私のハロプロの楽しみ方に影響を与えたと言っても過言では無いでしょう。

 

推しではありませんでしたが・・・ありがとうゆうかりん。
今からBlu-ray引っ張り出して鑑賞しようかな。
—————————————————————-

どうでしたか?
何か訳分からなくなる文章ですみません・・・

 

今年のスマイレージはグループとしての完成度が高まってきて今一番楽しいのでは?
と感じてきた所に突然の武道館公演!
常々ライブハウスでは狭すぎる!もったいない!とは思ってましたがいきなり武道館。
岡井ちゃんも愚痴るわそりゃw

といった所で本日は盛岡CLUB CHANGE WAVEでライブです。
行ける方はうらやましい・・・会場推しでもしようかな・・・
ヤフオク・・・げふんげふん・・・

 

武道館でフルチャージしたスマイレージを堪能したい!
私は行けませんが武道館公演の成功をお祈りしております。
平日なんて行けないよー

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る